芭蕉畑

​芭蕉布

芭蕉布について

芭蕉布の製法は、布を織る前に綛を精練する「煮綛(にーがしー)」と、喜如嘉のように布になってから精練するものの2種類に大別されます。前者は主に王朝時代、士族の衣装として織られていましたが、後者は庶民の夏衣として戦前まで沖縄各地で盛んにつくられていました。

喜如嘉でも古くから生産されていましたが、1893(明治26)年に来県した弘前藩出身の役人・笹森儀助の著書「南島探検」以前の記録は残っておらず。これには大宜味間切の産品として、木綿飛白(かすり)と並び、芭蕉布(紺地561反、白地249反)が記されています。ただ、当時はそのほとんどが自家用として使われるにとどまっていたようです。

その後、1895(明治28)年に仲原ナベという女性が、それまで無地や縞が主流だった芭蕉布に初めて絣柄を採用。また1905(明治38)年には高機が導入されたほか、平良敏子の祖父・平良真祥が自分の娘に花織や絽織の講習を受けさせるなど、技術革新と生産拡大の気運が高まっていきます。

そして1907(明治40)年、根路銘で芭蕉布品評会が開かれたのを皮切りに、副業として芭蕉布の生産が奨励されるようになります。その背景には、原料の糸芭蕉は生命力が強く、耕地の少ない村に適していたこととがあげられます。

もともと喜如嘉には船大工が多く、やがて彼たちは優秀な大工としてこぞって那覇へ進出していったため、村に残された女性たちの仕事として芭蕉布が見直されました。 喜如嘉の芭蕉布は、都市部との接触などを通じて言わば独学で発達していった部分が多く、柄は経絣が主で、特に規格などはありませんでした。また藍染のできる人は少なく、車輪梅を用いる赤染が盛んに行われました。